アステックペイントタイランド
サービス内容ページヘッダー画像スマホ版

遮熱塗装・省エネ対策

HEAT REFLECTIVE PAINT

工場や倉庫の屋根は多くが金属屋根です。工場内の空調や換気を効率化しても、屋根から入ってくる熱が工場内の暑さの根本的原因となります。
屋根から入ってくる熱は、屋根裏に断熱材を設置することで防ぐことは可能となりますが、 改修工事では現実的に難しい工事となります。
最も費用対効果の高い工法は、遮熱塗装となります。
塗装で屋根からの熱を大幅に削減することが遮熱塗装で可能となります。

塗装効果
1

温度上昇の根本原因となる近赤外線光を90%以上遮断
太陽光の中に含まれる近赤外線が暑さの原因となります。そして遮熱塗料の中に含まれるナノセラミックが近赤外線の約90%を反射と放射を行い、建物の中へ熱の侵入を防ぐことが実現します。
塗装効果
2

室内温度低下により従業員の不満解消
屋根からの熱の侵入を防ぐことで、室内の温度を2~5度低減させることが可能です。室内の温度が高いことで、従業員の作業効率の悪さや熱中症を発生させているかもしれません。室内の温度を低減させることで、確実に従業員の不満は解消され、作業効率にも繋がることでしょう。
※2~5度の低減は建物の形状や構造により変動します。
遮熱塗装・省エネ対策 室内温度低下により従業員の不満解消用画像
塗装効果
3

最も費用対効果の高い削減方法
工場内の温度を低減させる方法には4つの選択肢があります。
4つの選択肢の中で、費用対効果が最も高いのは遮熱塗装になります。また、屋根には10年毎の目安で塗装をしなければなりません。10年毎のタイミングで単なる塗装ではなく、遮熱塗装を行えば、非常に安いコストで工場室内の温度低下に繋がることでしょう。
遮熱塗装・省エネ対策 最も費用対効果の高い削減方法用画像